【保険クリニック】ラ・フロール橋本店 渡部直人 店長インタビュー【木之元 亮 氏】

「多くの方々に情報を届けたい」

好きな言葉は「見直し」だ。

「多くの人に保険の節約を教えてあげたいんです。保険料を払いすぎてしまっている人も多いですし、いまの保険を見直すことで節約できれば、その分を貯蓄に回せると思うんです、自分もその方法をやっているので、皆さんに同じ情報をお伝えしたいんです」。主婦目線のアドバイスには説得力がある。

新卒で銀行に入行した。結婚とともに退行し、3人の子供を育てた。子供が中学生になったとき、保険の仕事に携わるようになった。金融知識と親身な対応によって、大手保険会社などで実績を上げた。

より多くの情報をお客様に伝えるため、勤務の傍、日夜勉強。ファイナンシャルプランナー(FP)2級を習得した。保険だけではなく年金、教育資金、住宅ローンなどの知識をつけることでアドバイスの領域は広がった。

「保険は、家族の生活に密着したもの。保険料だけで考えるのではなく、多くの視点からアドバイスできれば、お客様の将来のためになると思いました。多くの方が保険をお持ちなのに、内容を理解していない人が多いんです。家庭環境や家族が変わっていく中で、定期的に保障を確認していくことが大切だと思います」

「売りたい商品ではなく、適した商品を選んでほしい」

多くの方々の相談に乗り、保険のアドバイスを送ったが、限られた保険しか紹介できないことに不便さを感じていた。「このお客様は、あの商品のほうが合っているかもしれない」というニーズには対応できなかった。

「保険会社側が売りたい商品ではなく、お客様に合った商品を紹介していくことが本体の姿。保険料が安くても内容が良い商品もありますし、お客様のニーズと時代に合った仕事がしたいと思っていました」

「これまでの経験を新たな場所で生かしたい」

自分が納得できる仕事をするために転職活動を開始、多くの商品を取り扱う「保険クリニック」で働くことを決めた。

保険クリニックには、お客様の希望に沿った保険をコンピューターが案内する「保険IQシステム」というシミュレーションシステムがある。コンサルタント個人の主観ではなく、お客様に合った保険・保障が同一シートで比較できるという。

「お客様が選んだものを『保険IQシステム」』で比較して、それを私たち(コンサルタント)が説明する流れです。お客様が選んで、気に入っていただけた保険を申し込んでいただく形です。このシステムをどんどん使って、お客様に適したアドバイスをしたいと思います」

2020年11月6日に新規オープンしたラ・フロール橋本店のオープニングスタッフとして窓口でお客様を迎える。

「保険はどこかのタイミングで必ず必要になるものです。そして、生活の保障になります。人生の転機で保険を考えるきっかけになってくれればと思います。私自身のこれまでの経験を新たな場所で生かしたい。このお店とシステムを利用して、たくさん、たくさんお役に立てることをしたいなぁと考えています。保険だけではなくて年金や住宅ローンなど金融に関するお話ができるので気軽に相談にきてほしいと思います」

地域のファイナンシャルプランナーは、多くの情報を家庭へ届ける。

この記事のライタープロフィール

伊藤寿学(いとう・ひさのり) 

東京・神奈川をはじめ関東地方で取材活動を続けるマルチライター。スポーツをはじめ、ビジネス、経済など幅広く取材し、各媒体に寄稿している。スポーツでは、月刊高校野球チャージの編集長を務め、多くの高校を取材。またサッカー専門紙「エルゴラッソ」と記者として、Jリーグ、高校サッカーなどを取材。Jリーグ公式サイト執筆も担当する。「サッカーダイジェスト」「サッカーマガジン」「リアルスポーツ」などにも寄稿。著書に「乾坤一擲」(内外出版社)、編書に「前育主義〜全国制覇〜」(学研プラス)。そのほか各企業の専属ライターとしてインタビューや原稿を担当。編集プロダクション(株)ビートライター代表取締役として、雑誌、パンフレット、映像、デザインなどの制作も請け負う。

店舗のご予約・お問い合わせはこちらイオンフードスタイル小平店0120-71-0088ラ・フロール橋本店042-703-0929

Copyright 2021株式会社AMNエージェンシー