コラム

【コラム】古い保険は悪い保険なのか

2022.03.25

 

-古い保険-

 

「この保険は古いので、新しいものに変えた方がいいですよ」

 

私が担当したあるお客様が以前、他の保険ショップでこう言われたそうです。

実際にそのお客様が加入していた保険は約20年前の商品でした。

 

たしかに保険は日進月歩です。

日々進化する医療事情に対応するため、商品改定が重ねられています。

その為、20年も前の保険は保証が追い付いていないこともあります。

また、今販売されている保険も10年、20年経てば「古い保険」になるでしょう。

 

では、「古い保険」は全て良くないのでしょうか

 

-お宝保険-

 

古い保険の中には「お宝保険」と呼ばれるものもあります。

経済盛り上がっていたバブル時代に販売された、予定利率がとても良い商品を指す言葉です。

 

予定利率とは【どれだけお金が増えるか】ということです。

 

それがバブル崩壊後の日本経済を象徴するかのように、予定利率は下がり続けました。

’90年代には6%あったものが、’20年ごろには0.25%まで落ち込みました。

 

以前は100万円預けていると106万円になるものが、現代では100万2,500円にしかならなくなってしまったのです。

 

-好謀善断-

「古い保険」という理由で、保険を変えることが本当に良いことでしょうか。

 

掛け捨ての医療保険に関しては、返ってくるお金はないので気にする必要はありません。

 

冒頭で述べたように、加入している内容が昨今の医療事情に適応できていないと思えば、新しいものに切り替えるのも良いでしょう。

 

ただ終身保険や年金保険など返ってくるお金があるにも関わらず、「古いから新しいものに変えましょう」と言ってくる人には注意が必要かもしれません。

 

全てが古いから悪い、新しいから良い、というわけではないのです。

 

あなたが必要だと思う保障、それが本当の“良い保険”です。

ご来店お待ちしております。

店舗のご予約・お問い合わせはこちらイオンフードスタイル小平店0120-71-0088ラ・フロール橋本店042-703-0929

Copyright 2023株式会社AMNエージェンシー